クレジットカードの暗証番号について

クレジットカードの暗証番号

クレジットカードを申し込む際、4桁の数字の暗証番号を設定するよう、求められます。

以前、暗証番号というものはクレジットカードの情報の変更や削除、またはキャッシングの際にしか必要がなかったのですが、現在はICチップがついたクレジットカードが普及してきたことに伴い、クレジットカードを利用する時にも暗証番号を入れないと買い物ができない、という場合も多くなっています。

つまり、最近ではサインだけではダメで、暗証番号をしっかりと覚えておかないとクレジットカードが使えなくなりつつあるわけです。自分のクレジットカードの暗証番号は、利用のため、そして防犯のために、しっかりと覚えておくようにしてください。忘れてしまった場合は早めにカード会社に連絡を。

暗証番号の注意点

暗証番号を設定する際、自分の誕生日や車のナンバー、電話番号など、他人に類推されやすい暗証番号にするのは避けてください。最近では、誕生日や電話番号などは暗証番号として登録できないクレジットカード会社も多くあります。そのような番号を登録し、不正利用された場合、保険の対象とならない可能性があります。

さらに、暗証番号をクレジットカードに書き込んだり、暗証番号を書いたメモを同じ財布の中に入れておいたり、ということも絶対にやめてください。そのような場合、盗難保険の対象にはまずなりません。他人に悪用された場合、自己負担となってしまいます。暗証番号は、他人が類推しづらく、かつ自分が覚えやすい番号にしてください。

暗証番号を変える場合

クレジットカードの暗唱番号の変更はそれほど面倒ではありません。カードの裏面にかかれている電話番号に電話をし、暗証番号の変更の旨伝えるだけです。住所や電話番号など、様々な方法で本人確認をした上で、暗証番号の変更ができます。

クレジットカード会社によって、暗証番号の変更の仕方が違う場合も、可能性としてはありますので、とにかくクレジットカード会社に連絡をして、聞いてみてください。

暗証番号のリスク

現在では、サインをすることなく暗証番号でショッピングができる場合もあります。そのため、もし自分のカードの暗証番号が漏れてしまった場合、買い物やキャッシングをされるというリスクがあります。

とにかく、必要なことは、家族であれ友人であれ、絶対に暗証番号は教えないこと。また、警察や銀行が暗証番号を尋ねてくることは絶対にありません。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2010.9.16. Copyright(C)2011クレジットカードの一般知識  - All rights reserved