クレジットカードの一般知識について

クレジットカードの一般知識

海外旅行など、日本国外でショッピングなどをしてクレジットカードで決済した場合、一般的にはカード加盟店では現地通貨で伝票が作られ、帰国後に日本円で請求されます。

その際、代金は、日本円に換算される際に、ある程度の一定の手数料が加算されます。

海外では、VISAやMasterCardの提携先は、クレジットカード会社ではなく銀行本体である場合が多いのですが、その際、銀行はクレジットカードの発行業務をし、加盟店管理業務はデータ処理会社などの別会社にアウトソーシングしているケースがほとんどです。

国際クレジットカードブランドの提携関係

現在日本では、カードの申込み者の選択により、多くのクレジットカード会社がVISAかMastercard、JCBなど、いくつかの国際ブランドのマークがついたクレジットカードを発行できるようになっています。

日本では、VISAとMastercardは、非常に複雑な関係になっています。それに対し、アメリカン・エキスプレスやJCB、ダイナースは日本支社がクレジットカードの発行主体となっているため、構造は単純です。

JCBのマークがついたクレジットカードは、MUFGやオリコなど、数多くのクレジットカード会社が発行していますが、あくまで発行主体はJCBで、カード会社はフランチャイズという関係です。また、アメックスやダイナースも、発行主体はアメックスとダイナースの日本支社です。

それに対し、VISAとMastercardのフランチャイズには、本会員である「プリンシパルメンバー」と、「プリンシパルメンバー」を通じてカード発行の権利が与えられている準会員である「アソシエイトメンバー」など、関係は複雑になっています。

プリンシパルメンバーには、全国地方銀行協会、オムニ協会、VISAJAPAN、大手クレジットカード会社などがあり、全体的には数百社のクレジットカード会社が加盟しています。

さらに、国際カードビジネス協会(ICBA)、日本マスターカード協議会、日本クレジットカード協会、日本クレジットカード産業協会など、数多くの関連団体もあり、非常に複雑な関係となっています。

銀行系クレジットカードと国際ブランド

銀行系クレジットカードというのは、銀行本体、または銀行持株会社のグループクレジットカード会社のクレジットカードのことです。

銀行系クレジットカードで代表的なものは、JCB、三井住友カード、MUFG、UCカード、さらには外資系のシティカードジャパン、アメリカン・エキスプレスなどです。

銀行系クレジットカードのほとんど、JCB、MUFG、UCカードと提携するか、三井住友カードを中心とするVJAに加盟してクレジットカードを発行しています。

UCカードは自社でクレジットカード(UCカード)の発行は行わず、流通系のクレディセゾン、またはUCカードグループがカード発行をするため、他の銀行系クレジットカードとは異なる発行のシステムです。

アメリカン・エキスプレスは当初から、旅行や演劇チケットやレストランの手配など、エンターテイメントに関するサービスが充実していたため、T&Eカード系というジャンルにも当てはまります。

なお、スルガ銀行は、(社)全国地方銀行協会の会員(地銀)で唯一のVISAのプリンシパルメンバーで「SURUGA VISAクレジットカード」を銀行本体で発行しています。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2010.9.16. Copyright(C)2011クレジットカードの一般知識  - All rights reserved